2013.08.14

酒井高徳、セットプレー対策について「集中力1つで変わってくる」

 13日、日本代表は14日に行われるキリンチャレンジカップ2013のウルグアイ代表戦に向けた練習を宮城県内で行った。

 試合前日の練習を終え、シュトゥットガルト所属のDF酒井高徳は、以下のようにコメントした。

 ウルグアイ戦に向けて、酒井は、「チームではずっと左(サイドバック)をやっていて、この間の試合では途中から右になった。左の感覚がすごく良いから、今は左の方が良いと思う」とコメント。

 FWに新戦力が加わったことについては、「パスを出せる選手はすごく多いと思うし、ポストや起点になれる選手もすごく多い。自分が活かすというよりは、活かされるような動きをしたい。前に前に出ていけば、良いパスも出てくるし、タメもできるので、上がりやすいと思う。そういう意味では、キープできる人にはどんどん(パスを)つけて、あとはサイドハーフの選手とのコンビネーションで崩していくことを意識したい」と、プレーのイメージを語った。

 また、日本代表がセットプレーからの失点を数多く喫していることについて問われると、「もちろん、選手が一番集中して守らないといけないと思うし、『マークを外してやられた』というのはだめ。競り合ったところで、どちらの選手も反応できないようなボールがこぼれてきた時に、どっちが速く反応したかというのもある。すごく難しい。でも、集中力1つで変わってくるのかなとは思う。うちには、絶対的にヘディングに強い選手、空中戦に強い選手がいないと言えばいないから、難しいところ。集中力と、小さいなりに体の寄せだったり、しっかり体を当てたりしっかり飛んだり、というところで。(そうすれば相手に)フリーでヘディングされないだろうし、そういうところを気を付けてやったほうが良いと思う」と、対策を展望した。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
20pt
大分
18pt
東京V
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る