2013.08.12

ザックと本田が20分超の居残り談義…新生日本代表がスタート

照明が灯る下で熱い議論が交わされた

 12日、日本代表は14日に行われるキリンチャレンジカップ2013のウルグアイ代表戦に向けた練習を宮城県内で行った。

 全体練習は、国内組全選手と一部の海外組からなる17選手で実施。招待された宮城県内の被災地の子供達が見守る中、完全公開で行われ、フォーメーション練習などに時間を割いた。練習終盤には、長友佑都も合流。全体練習には加わらなかったが、ランニングで汗を流した。

 練習後には、本田圭佑とアルベルト・ザッケローニ監督がピッチ上に残り、熱い議論を交わす場面も。通訳の矢野大輔氏を含む3人のみで、ピッチ中央で立ちながら身振り手振りを交えて、20分以上も話し込んだ。

 本田は練習後に無言でバスに乗り込んだため、会話内容が明かされることはなかった。本田自身にとっては、3戦全敗に終わったコンフェデレーションズカップ後では初めてとなる代表戦。日本が初優勝を飾った東アジアカップの優勝メンバーと融合する試合となる。

 ウルグアイは、コンフェデレーションズカップで4位に入った南米屈指の強豪。残り1年を切ったブラジル・ワールドカップに向けても、貴重な強化の場となる。新戦力を加えた日本代表が、エースと指揮官の熱い議論とともに、再びスタートを切った。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る