2013.07.28

東アジア杯優勝…セルジオ越後氏「個人的なMVPを選ぶなら柿谷しかいない」

韓国戦で2ゴールを決めた柿谷曜一朗 [写真]=Kenji Yasuda/Photoraid

 28日、東アジアカップの日本代表対韓国代表戦が行われ、日本が柿谷曜一朗の2ゴールで2─1で勝利した。この結果、日本は勝ち点を7に伸ばして同大会初優勝を達成。柿谷は大会3ゴールで単独得点王となり、大会MVPには中盤で奮闘した山口螢が選ばれた。

 試合後、サッカーキングの取材に対し解説者のセルジオ越後氏は次のように語った。

「僕はこの大会におけるノルマは優勝だ、と常々言ってきた。そういう意味で優勝という結果は本当に良かったと思う。個人的にMVPを選ぶとすれば、柿谷しかいないだろう。この試合では2つしかなかったチャンスを2つとも決めた。その決定力は図抜けているね。ただ、彼には2試合分のチャンスが与えられたけど、例えば大迫や齋藤は(ほぼ)1試合だった。だから選手間の比較というのは意味を成さないし、評価が難しいと思う。これでフルメンバーに割って入るのが当確とかどうこう騒ぐのもずれている気がするね。試合後のインタビューで、柿谷本人もそう言っていたよ。彼はシュートだけじゃなくてトークも冷静な男だね」
 
「もう一つ忘れてはいけないのは、“2つしかチャンスがなかった”という事実だ。チャムシルでの完全アウェーという状況とはいえ、あれほど押し込まれたのは、反省しなければならない。負けていてもなんら不思議はなかった。勝った喜びで忘れてしまいがちだけど、こういう時こそ兜の緒を締めよ、だ」

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る