2013.07.28

主将務めた駒野友一、敵地での韓国戦勝利に「自信になった」

駒野友一
東アジアカップで初優勝を飾り、カップを掲げる駒野(中央) [写真]=Getty Images

 サッカー日本代表は28日、東アジアカップ2013の最終戦で韓国代表と対戦。2-1で競り勝ち、勝ち点7となり大会初制覇を果たした。

 試合後、日本代表の主将を務めた駒野友一は、以下のようにコメントしている。

―キャプテンマークを巻いての大会だったが?
「最後は勝てて、優勝できたのですごく嬉しいです」

―ブラジル・ワールドカップへのアピールの場でもあったと思うが?
「攻められる時間が長くて、低い位置にいることが多かったですけど、最後の得点の起点になれてよかったと思います」

―アウェー、そして相手が韓国で苦しいゲームだったのでは?
「攻められる一方でしたけど、カウンターから2点取れて、本当に勝ててよかったと思います」

―大きな自信につながるのでは?
「韓国はホームですし、すごく勢いもあったので、そのチームに勝てたことは、自分たちにも自信になったと思います」

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る