2013.07.28

得点王の柿谷、決勝点のシーンを振り返る「心臓バクバクでした」

2ゴールを挙げた柿谷曜一朗(右) [写真]=Getty Images

 サッカー日本代表は28日、東アジアカップ2013の最終戦で韓国代表と対戦。2-1で競り勝ち、勝ち点7となり大会初制覇を果たした。

 韓国戦で2得点を記録して、大会通算3ゴールで得点王に輝いたFW柿谷曜一朗は、試合後に以下のようにコメントした。

 柿谷は試合直後に、「優勝することだけを考えてやっていたので、気持ちよく日本に帰れるなと思います」とコメント。先制点については、「トシ君(青山敏弘)がああいうボールをいつも狙っているので、信じて走るだけだったのでGKとの一対一を冷静に決められて良かったです」と振り返った。

 敵地での雰囲気については、「完全アウェーだったので、韓国のすごい声援が僕らにも伝わってきましたけど、それでも日本の声援がすごいあって、それが僕らの力になって最後に勝ち越すことができた。本当にサポーターに感謝したいなと思います」と語り、後半アディショナルタイムの決勝点についても言及。「(原口)元気が仕掛けていって、こぼれてくると信じて走っていたら本当にこぼれてきたので、冷静に打ったように見えたが、結構心臓バクバクでした」と明かした。

 今後の代表招集に関しては、「まだまだ、海外組を含めての代表には僕自身も遠いと思うので、これからこの経験をJリーグに持ち帰って、もっといいアピールをしてからだと思うので、またJリーグでしっかりやりたいと思います」と意気込み。「期待してくれることは本当に嬉しいことですが、僕自身目の前の壁を一つひとつ乗り越えていくことが目標なので、焦らずやれたらなと思います」と続け、決意を明かした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る