2013.07.28

日本が東アジア杯初優勝…柿谷の2ゴールで韓国に競り勝つ

先制点を挙げる柿谷曜一朗 [写真]=Getty Images

 サッカー日本代表は28日、東アジアカップ2013の最終戦で韓国代表と対戦した。

 勝てば大会初優勝の決まる日本は、森重真人や高萩洋次郎、柿谷曜一朗らが先発出場。初戦の中国代表戦と同じメンバーを送り出した。

 試合は序盤から激しい攻防が展開。日本は韓国に押し込まれる場面が続くと、8分にはキム・ドンソプに右サイドをドリブルで持ち込まれシュートを打たれたが、GK西川周作が好セーブで弾きだした。

 守勢が続いた日本だったが、25分に先制点を奪取。青山敏弘が自陣からロングボールを送ると、前線で柿谷が抜け出す。GKとの一対一に持ち込むと、冷静にシュートを蹴り込んだ。

 ところが、アウェーで均衡を破ったのも束の間。リズムを掴めずに攻め込まれると、33分に失点を喫してしまう。韓国のユン・イルロクにペナルティエリア手前からミドルシュートを叩き込まれ、試合を振り出しに戻された。

 同点で後半を迎えると、52分に槙野智章に代えて徳永悠平を投入。徐々にペースを握り始めたが、65分にはロングボールからペナルティエリア内で韓国にシュートチャンスを与えてしまう。しかし、相手がトラップミスを犯したこともあり、西川がキャッチして難を逃れた。

 日本は70分に工藤壮人に代え、山田大記をピッチに送り出して勝ち越しを狙う。しかし、再び押し込まれると、88分に高萩に代えて豊田陽平を投入した。

 日本は韓国の猛攻を凌ぐと、後半アディショナルタイムにカウンターから柿谷が勝ち越し点を奪取。土壇場で勝ち越すと、2-1で勝利。日本は勝ち点7となり、大会初優勝を決めた。

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る