2013.07.28

韓国戦に臨む日本代表の工藤壮人「ACLでも対策ができている」

工藤壮人
中国戦では代表初ゴールを挙げていた工藤壮人 [写真]=Getty Images

 サッカー日本代表は28日、東アジアカップ2013の最終戦で韓国代表と対戦する。勝てば大会初制覇となる一戦を控え、柏レイソルのFW工藤壮人は、以下のように意気込みを語った。

 工藤は大一番を前に、「基本的にはいつも通りのプレーを見せることですし、ただ局面の球際だったりとか、フィジカル的なところというのは、どうしてもこの間の中国やオーストラリア以上にやらなきゃいけないので」と口にするとともに、「そのへんはもっと今まで以上に球際のところでの戦いは厳しくなってくるので、いつものプレープラス、ワンテンポ、2テンポ早く準備して体を当てるタイミングだったりとか、そういうところを意識していかないといけないと思いますね」と、対策を語った。

 相手のロングボールに関しても、「そのへんはACLでも、日本に対してそういう戦い方をしてくるというのは対策ができているので」とコメント。「ウチのチームにもヘディングが強い選手はいますし、そういう人たちがしっかり跳ね返してくれるところで、その時にセカンドボールの大事さは重要になってきますから、意識しないといけないと思います」と続けている。

 日本代表は2試合を終えて、1勝1分けの勝ち点4。勝ち点2の中国代表と韓国代表、勝ち点1のオーストラリア代表を抑えて、首位に立っている。

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る