2013.07.26

伝統の日韓戦へ向け、日本代表が調整…ザックは柿谷に期待か

柿谷曜一朗
中国戦ではA代表初出場初ゴールを決めた柿谷 [写真]=Getty Images

 25日夜のオーストラリア戦(華城)を齋藤学横浜F・マリノス)と大迫勇也鹿島アントラーズ)の2発による計3ゴールで3-2と東アジアカップ初勝利を飾った日本代表。2戦目終了時点で勝ち点4となり、参加4カ国中トップに立った。「今回はどうしても優勝したい」と柿谷曜一朗セレッソ大阪)が再三言うように、日本の同大会初タイトルが目前に迫ってきた。しかし28日の最終戦は伝統の日韓戦。いまだ未勝利の相手は目の色を変えて挑んで来るはず。相手の方が試合間隔1日長いだけに、日本としてはコンディションをしっかり整えることがまずは肝要だといえる。

 そこで、オーストラリア戦から一夜明けた26日は11時半からパジュのナショナルフットボールセンターで1時間程度の軽い調整を行った。前夜の試合に先発出場した11人と途中出場の山口螢(C大阪)、工藤壮人柏レイソル)の13人がクールダウンを実施。それ以外はシュート練習やクロス&シュート、ビルドアップの確認などを1時間15分ほど消化。最後に柿谷だけがアルベルト・ザッケローニ監督に呼ばれ、1トップでのポストプレーの動き、クロスへの入り方をこと細かく説明されていた。

 それだけ彼は大きな期待を寄せられているのだろう。豊田陽平サガン鳥栖)や大迫の活躍をどう見たかを問われて「競争という感じではやっていない」と淡々としていたが、宿敵・韓国戦では自分が点を取って勝ちたいという思いが一層強まった様子だ。柿谷の動向に注目しつつ、残り2日のチームを見ていく必要があるだろう。

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る