FOLLOW US

【コラム】豪戦の収穫は…高橋秀人と扇原貴宏のボランチ2人が示した可能性

オーストラリア戦でダブルボランチを組んだ高橋(左)と扇原(右) [写真]=Getty Images

 わかりやすさで言えば、先制点を挙げた齋藤学や2得点した大迫勇也には及ばない。2失点した守備面を考えれば、手放しで称賛できるわけでもない。ただ、今後のチーム作りへの影響を考えれば、最も可能性を示した選手はボランチの2人ではないか。

 高橋秀人扇原貴宏のことである。

 先発メンバーを総入れ替えして臨んだオーストラリア戦で、ともに代表初先発となった高橋と扇原はダブルボランチを組んだ。今大会が初招集だった扇原はもちろん、継続的に代表招集を受けていた高橋も7キャップ目で初先発ということもあってか序盤はミスもあった。しかし、徐々に持ち味を出し始めると、興味深いプレーが垣間見られた。

 自陣でボールを回している際、2選手のいずれかがスルスルと下がり、センターバックを務めた千葉和彦鈴木大輔の間にポジショニングを取ると、長めのパスで展開を図っていた。フォーメーションこそ4-2-3-1だったが、一時的に高橋と扇原のどちらかがセンターバックの間で並ぶ3バック的な陣形になるため、両サイドバックは必然的に押し出される形で高い位置でポジショニングを取ることになる。実際、両サイドバックを務めた徳永悠平森脇良太は幾度となく敵陣深くまで攻め上がっていた。

 先発メンバーを総入れ替えしたぶっつけ本番的な要素が強かったものの、高橋と扇原のポジション取りがスムーズに進んでいた理由には、2選手の特性が関係していた。高橋は所属するFC東京で、3バックのセンターを務めることもある。扇原にしてもボランチ起用が多いもののセレッソ大阪での登録自体はDFで、実際にセンターバックやサイドバックをこなす器用さを持っている。

 そして、2人の特性が現代表の不動のボランチである遠藤保仁長谷部誠とは異なる点が新たな可能性を感じさせた。

 遠藤や長谷部のバランサーとしての能力は誰もが認めるところだが、至る所に顔を出してパスの出し入れをするプレースタイルということもあり、DFラインに入ってパスを展開する姿はあまり見られない。代表の常連である細貝萌浦和レッズ時代に3バックの一角を務めた経験はあるが、現在は中盤でのボール奪取能力が強みとなる。初戦の中国代表戦で先発出場した山口螢や青山敏弘も持ち味は豊富な運動量である。

 センターバック的な要素を持つ高橋と扇原の起用は、先述したようにサイドバックのポジショニングにも関連してくるが、現代表は長友佑都や内田篤人、酒井高徳など人材は豊富。サイドバックの充実という側面を考えても、好影響を及ぼすはずである。

 また、長きに渡ってオプションとして取り組んでいる3-4-3のフォーメーションへの波及効果も考えられる。現在、試合開始から3-4-3を使うにはセンターバックを3選手起用する必要があり、試合途中でのフォーメーション変更にしても、センターバックを投入しなければならない。ところが、センターバックの適性もある高橋や扇原がピッチに立っていれば、選手交代の必要なく柔軟なフォーメーション変更は可能となる。コンフェデレーションズカップのメキシコ戦では、試合途中にセンターバックの吉田麻也を投入して、3-4-3に変更したが、長友の負傷交代で再び4バックに戻さざるを得ない状況に追い込まれもしたが、ボランチにセンターバックをこなせる選手がいたら、アクシデントに対する順応性は当然ながら高まる。

 もちろん、今回はオーストラリアも代表常連組の招集が見送られていた点は看過できない。相手の連携が十分でなかったことから、選手個々の強みを押し出せたという考慮の必要はある。

 ただ、岡田武史前監督時から約5年間に渡り不動となっているボランチコンビに、新風を吹き込む可能性があることは、喜ばしいことではないか。代表の大黒柱である遠藤の代役が叫ばれるようになってから久しい。一方で、代役はあくまでの代役なのである。

 オーストラリア戦では遠藤とも長谷部とも大きくタイプの異なる選手が新たな可能性を示した。新戦力発掘が主な目的の今大会だが、真に望まれることは戦力の上積みやバックアッパーの確認ではない。大黒柱すら危機感を覚えるような新たな競争原理ではないか。それだけに、チーム作りを白紙に戻して再編成するような可能性が生まれたことは、何よりも歓迎されるべきことである。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO