FOLLOW US

栗原「(失点前まで)ほぼ完璧というか、すごい内容だった」/豪戦

試合終盤に投入された栗原 [写真]=Getty Images

 日本代表は25日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の第2戦でオーストラリア代表と対戦。3-2と競り勝ち、6月11日のイラク代表戦以来、5試合ぶりの白星を挙げた。今大会2試合を終えて、1勝1分けの勝ち点4として、首位に浮上した。

 83分から途中出場した横浜F・マリノス所属の日本代表DF栗原勇蔵は試合後、以下のようにコメントした。

―今日は最後にいい仕事をしたのでは?
「ああいう時、だいたい下がりがちでパワープレーみたいな形でやられるから、ラインを上げることを心掛けて出たけど、やっぱり周りの選手もバテている。そこで1人だけ上げてもしょうがないし、ちょっと下がり気味になったけど、結果あの時間だったから、失点しなくてよかったなと」

―入る前はとにかくバタバタしていたが?
「それまではほぼ完璧というか、すごい内容だったし、守備も攻撃も初めてやるチームとは思えないくらい。相手もあれだけど、すごくいいなと思って見ていて、最後の最後でああいう展開になってしまって、今日は(出番は)ないかなと思っていたけど、まさかああいう感じで出たから、ちょっと。だけど今までも何回もあったし、整理はできていたから、そんなには問題なかったです」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO