FOLLOW US

勝利も2失点にDF千葉和彦「自分としては反省の方が大きい」/豪戦

後半途中までプレーした千葉 [写真]=Getty Images

 日本代表は25日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の第2戦でオーストラリア代表と対戦。3-2と競り勝ち、6月11日のイラク代表戦以来、5試合ぶりの白星を挙げた。今大会2試合を終えて、1勝1分けの勝ち点4として、首位に浮上した。

 サンフレッチェ広島所属の日本代表DF千葉和彦は試合後、以下のようにコメントした。

―終盤に連続して2失点してしまったが?
「もったいない失点だったし、2-0で自分たちもいい感じで(ボールを)回していた部分で、崩されたというよりロングボールからぐちゃぐちゃになってという感じだったので、もったいないなと思います」

―スタメンの発表は?
「ミーティングの時に言われました」

―全部入れ替えというのは?
「でもフレッシュなメンバーで行く分、モチベーション高く入れるなと思ったし、自分自身も代表では初めてのスタメンだったので、思い切ってやろうとは思っていたので」

―立ち上がりは悪くない入り?
「先制点も取れましたし、自分たちの時間帯でボールを回せた時間帯もあったので、2失点というのは本当に悔しいですね。勝ったんですけど、自分としては反省の方が大きいです」

―あの時間帯は急に試合が動き出してバタバタした印象だが?
「相手がフレッシュなメンバー入れてきて、前へ圧力をかけてきた部分もあったので、それにうまく対応できなかったのと、体力的な部分も含めてうまく対応できなかったというのはありますね」

―そのあたりは課題?
「そうですね。課題だと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO