FOLLOW US

森脇良太「非常に日本らしい、いいサッカーができたのでは」/豪戦

ボールキープを試みる森脇 [写真]=Getty Images

 日本代表は25日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の第2戦でオーストラリア代表と対戦。3-2と競り勝ち、6月11日のイラク代表戦以来、5試合ぶりの白星を挙げた。今大会2試合を終えて、1勝1分けの勝ち点4として、首位に浮上した。

 浦和レッズ所属の日本代表DF森脇良太は試合後、以下のようにコメントした。

―頭からかなり前へ行っていたが、相手も疲れていた?
「相手も疲れていましたけど、僕らも疲れていましたね。インターナショナルのゲームは日本の誇りや責任を背負って戦っているので、普段のJリーグとは違う余分な体力と言いますか、余分な神経を使ったなと。非常に体力を消耗したなという感じでした」

―森脇君はちょっと中気味に上がることが多かったが?
「そうですね。話し合いをしながら、相手を見ながら、非常に中へ行くことが有効だなと思って、そういうところでちょっと混乱しているところがあったので、そういうよさを出していけたらいいなと思っていました。いいコンビネーションもたくさん出たので、非常に日本らしい、いいサッカーができたのではないかと思っています」

―短期間の割には?
「本当にそうですね。正直なところ、明日のメディアの皆さんの見出しがまた守備崩壊という感じで書かれるかもしれないですけど、もちろん2失点したことはDF陣として見つめ直さなきゃいけないですけど、ポジティブに記者の方も書いてもらいたいなと。2失点したことよりも、2試合で6得点。その中で沢山のいいコンビネーションが出たので、そういうところに目を向けてやってもらいたいなと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO