FOLLOW US

フル出場の高橋秀人「中国戦よりメリハリはできていた」/豪戦

キャプテンマークを巻き、フル出場した高橋 [写真]=Kenji YASUDA/Photoraid

 日本代表は25日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の第2戦でオーストラリア代表と対戦。3-2と競り勝ち、6月11日のイラク代表戦以来、5試合ぶりの白星を挙げた。今大会2試合を終えて、1勝1分けの勝ち点4として、首位に浮上した。

 キャプテンマークを巻き、フル出場したFC東京所属の日本代表MF高橋秀人は試合後、以下のようにコメントした。

―キャプテンマークを巻いて戦ったが?
「特に何もないですよ。限られた時間の中で、自分たちがどう11人が協力してやるかというのを練習で監督から言われていたので、プレスの部分とビルドアップのところは共通認識をもってやろうとはしました」

―かなり戦術が練習した通りにできていたのでは?
「そうですね。よどみなくできていた部分もあるし。特に中国戦よりプレスの部分で行くところと行かないところ、ボカすところとボカさないところ、耐えるところと自分たちから奪いに行くところのメリハリはできていたと思う。そこに対しての声はゴンちゃん(権田修一)とか千葉ちゃん(千葉和彦)とか(鈴木)大輔とか(山田)大記とかそういう選手もスタッフから落とされたことももちろんあるけど、臨機応変にピッチの中で声をかけて足を動かし続けたというのは自分たちが成長しているところだと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO