FOLLOW US

齋藤学「ゴール以外にあまりいいシーンがなかったのは反省」/豪戦

先制点を挙げた齋藤 [写真]=Kenji YASUDA/Photoraid

 日本代表は25日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の第2戦でオーストラリア代表と対戦。3-2と競り勝ち、6月11日のイラク代表戦以来、5試合ぶりの白星を挙げた。今大会2試合を終えて、1勝1分けの勝ち点4として、首位に浮上した。

 先制ゴールを決めた横浜F・マリノス所属の日本代表MF齋藤学は試合後、以下のようにコメントした。

 ―自分の特徴をよく出していたが?
「右サイドで受けて起点になっていこうとは最初から言われたので、自分のところで相手のサイドバックに1対1で勝とうという感じで入って、最初の1本目でいいドリブルができたので、ちょっと相手を圧倒しようと思って。ゴールのシーンは右サイドからじゃなかったですけど、うまくバイタルエリアで前向けて受けられたのでよかったと思います」

―Jリーグでもうまく抜ける間合いを掴んできたとチームの人たちも言っていたが?
「日本人よりはデカいですけど、遅いので、1対1はしやすかったです。もっと間で受けて、もっと高い位置で受けて1対1ができればもっとよかったなと。ゴールした以外にあまりいいシーンがなかったので、それは反省として次にやれればいいかなと思います」

―ゴールシーンで3人くらいかわして、大迫(勇也)君もいたが、それも追い越す形だった?
「あそこの位置でパスはあまり考えないので、うまく間を突こうと思ったら全然ついてこなかったので、よかったと思います」

―相手が入りから重かったのでは?
「どんな感じかわかんなかったですけど、きつそうだったのは間違いないかなと」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO