FOLLOW US

先制弾の齋藤学「点が取れたのはすごくうれしい」/東アジア杯

鋭い突破から華麗な先制点を決めた齋藤学 [写真]=Kenji YASUDA/Photoraid

 日本代表は25日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の第2戦でオーストラリア代表と対戦。3-2と競り勝ち、6月11日のイラク代表戦以来、5試合ぶりの白星を挙げた。今大会2試合を終えて、1勝1分けの勝ち点4として、首位に浮上した。

 先制ゴールを決めた横浜F・マリノス所属の日本代表MF齋藤学は試合後、以下のようにコメントした。

「良いゴールが取れたが、その後2-2までいってしまったし、その後も良いプレーもそれほどなかったので、もっとチャンスに絡んでいきたいと思う」

―チームの雰囲気をどう感じていたか?
「チームの決まり事をしっかりやっていたし、個人個人ですごく良い試合ができたと思う」

―(アルベルト)ザッケローニ監督からはどんな指示があったのか?
「『右サイドで起点になって、そこで仕掛ける』と監督から言われていた。前半の最初から、うまく(相手の)サイドバックの選手に対して、うまく仕掛けはできていたかなと思う」

―(初戦の)中国戦は途中からの出場だった。先発で出た日本代表の試合、どう感じたか?
「中国(戦)の時に何もできなかったから、その分、反省を生かしてやりたかった。点が取れたのはすごくうれしい」

―次の韓国戦に向けて
「次は勝たないといけないので、オリンピックの時の借りもあるので、勝ちたい」

 日本は大会初制覇を懸けて、28日に行われる最終戦で開催国の韓国代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO