2013.07.22

青山敏弘「前線は文句ないレベル。あとはそこに至るまでのスムーズさ」

 日本代表は21日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の初戦で中国代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 試合から一夜明け、日本代表はソウル郊外のパジュにあるナショナルフットボールセンターで1時間程度の軽い調整を行った。

 練習後、青山敏弘は以下のようにコメントしている。

―ボランチの関係性は?
「ボールサイドの人間はしっかりプレッシャーに行くのが役割だけど、そこで自分がボールを取れたかというと、取れてはいないので。そういう部分で(山口)螢はすごいボールを奪うことはできていた。自分のディフェンス能力はもうちょっとやっていかなければいけないと改めて思いました」

―ボールを取るためにはサイドバックとの連携が大事になるが?
「スムーズだったと思います。レフェリーはすごくファウルを取っていたけど、奪い方はすごくよかったと思うし、追い込み方、守備の連係はできていたと思うので、違和感はなかったです」

―攻撃に移った時、ボランチのどちらかが最終ラインに入って外を押し出す形もできていた?
「そこからの展開がもうちょっとスムーズに行ければよかったけど、ボールの受け方と連動の仕方は、ある程度オートマチックにできてきたので。あとはそこの質を高めていけば、もっといいビルドアップができて、危険な攻撃ができると思うので、そこは試合を重ねればきっと良くなると思います」

―短期間で自由に動けるようになってきた?
「選手の質が高いし、そういう選手が集まっていると思うので。前線に関しては文句のつけようのないレベルで、集まって3日にしてはよかったと思う。あとはそこに至るまでのスムーズさは、ボランチのところからもっと引き出してやらないともったいないくらいなので、そこはもうちょっと良くなってくると思います」

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る