2013.07.22

3失点目を悔やむ森重「跳ね返せなかったのは自分が力不足だった」

 日本代表は21日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の初戦で中国代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 試合から一夜明け、日本代表はソウル郊外のパジュにあるナショナルフットボールセンターで1時間程度の軽い調整を行った。

 練習後、森重真人は以下のようにコメントしている。

「結果的に3点取られたというのは、不甲斐ないですし、攻撃陣が3点取っても勝てなかったのは残念でした。でも不運もあったし、3失点目以外のところはしょうがないなと思うので。あの時間帯での3失点目というのはチームとしての課題。個人的にもあの時間帯での失点はどうしても集中力だったり疲れが出てきて、ポジショニングが悪くなったりというところだと思うので。あれが前半の時間帯だったらたぶんキレていたと思うし、もっと集中力を持たないと、と思うので」

―監督は2失点目をしてからナーバスになったと言っているが?
「チームの中で声は出ていました。2点目を取られた時に誰もが3点目も、という流れだなと感じただろうし、ここでもう1度踏ん張らないといけないなというのは全員がわかっていたと思うので、それを跳ね返せなかったのはまだまだ自分が力不足だったと思います」

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
9pt
C大23
7pt
北九州
6pt
Jリーグ順位をもっと見る