2013.07.22

山口螢「準備期間の割にはできた。ただ失点の仕方もよくなかった」

 日本代表は21日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の初戦で中国代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 試合から一夜明け、日本代表はソウル郊外のパジュにあるナショナルフットボールセンターで1時間程度の軽い調整を行った。

 練習後、山口螢は以下のようにコメントしている。

―1試合やってコンディションは?
「全然、大丈夫です」

―手ごたえはあった?
「手ごたえというか、2日間くらいしか準備できていなかったので、準備期間の割にはできた方かなとは思います。ただ失点の仕方もよくなかったので。PKは仕方ないと思いますけど、1回けがして外に出て、ディフェンスラインの配置が変わったところで失点してしまった。ああいうところもしっかりと声かけてやっていかないと、いけなかったかなと思います」

―3失点とももう少し詰められたのでは?
「1点目と2点目はPKで仕方ないかもしれないですけど、3点目はその時間帯まで両サイドバックの裏のところでロングボールをずっと蹴られていて、そこからクロスを上げられる展開が続いていたので、もうちょっと出所を抑える必要があったと思います。サイドチェンジを入れられても、そこに来るタイミングにさせないようにもっと早くプレスをかけた方がよかったかなと思います」

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る