2013.07.22

西川周作「まずはしっかり反省して次につなげていければ」/中国戦

 日本代表が21日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の初戦で中国代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 森重真人、山口螢、青山敏弘、高萩洋次郎、工藤壮人柿谷曜一朗の6選手がA代表デビューの布陣となった日本は、PKで先制を許したものの、栗原勇蔵、柿谷、工藤のゴールで3-1と試合をひっくり返す。しかしその後リズムを崩し、終盤に2点を失って引き分けた。

 試合後、GKの西川周作は、以下のようにコメントしている。

―失点が多かったが?
「コンフェデからずっと続いているので。メンバーが変わっても僕のやることは変わらないですし、どんどん自分の良さをこれからも出していければと思います」

―DFの急増感もあって不安定さは感じたか?
「後ろから見ていてリスクマネジメントと、最後のクロスの守備というのは前半から意識していこという話はしていたんで。最後、クロスでやられてしまったことは反省しないといけないです。でも、すぐ試合もあるし、しっかり切り替えることが大事だと思うので、まずはしっかり反省して次につなげていければと思います」

―個人のミスを減らすことが優先か、それとも組織として連動して守ることが重要か?
「連動という部分ではこの暑さですし、行くところと行かないところでハッキリやるというのは、みんなで前半から言っていたところだったんで。それは練習を重ねることで意思疎通もできると思いますし、今日のラインをもっともっとレベルに上げていくためにも、出ていない選手、出ていた選手関係なく、いい準備をしていかないといけないと思います」

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る