2013.07.22

代表初出場の山口「まだまだ物足りないところが沢山ある」/中国戦

 日本代表が21日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の初戦で中国代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 森重真人、山口螢、青山敏弘、高萩洋次郎、工藤壮人柿谷曜一朗の6選手がA代表デビューの布陣となった日本は、PKで先制を許したものの、栗原勇蔵、柿谷、工藤のゴールで3-1と試合をひっくり返す。しかしその後リズムを崩し、終盤に2点を失って引き分けた。

 試合後、フル出場した山口は、以下のようにコメントしている。

―かなり最終ラインに下がってサポートする意識もあったのでは?
「ああいうボール回しをしろと監督に言われていたんで、(ボランチの)どちらか1枚が、ああいう形で回すようには意識していました」

サンフレッチェ広島のような?
「そうですね。相手が2トップでプレスをかけてきていたんで、3バックで回した方がうまく回せたと思いますし、ただ回すだけじゃなくて、もうちょっとうまくできればよかったかなと思います」

―最初の入りは失点からだったが、すぐに精神的に立て直すことができた?
「僕自身は失点してから動揺はしなかったので。まだ失点時間も早かったですし」

―自分の出来は?
「このチームの役割がある中で考えながらやって、まだまだ判断できてないところがあったとは思いますけど、少なからず平均点くらいはできたんじゃないかなと思っていますけど、まだまだ物足りないところが沢山あるんで、次に向けて修正したいです」

―前半の苦しい時間帯に自身が奪って、そこから攻めにつながる場面が2、3回あったが?
「そうですね。自分はやっぱりセカンドボールや、相手のボールを奪いに行くという特徴があるんで、しっかりと僕が奪って、青山君がボールを回す感じで役割としてはハッキリしていたと思います」

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
9pt
C大23
7pt
北九州
6pt
Jリーグ順位をもっと見る