2013.07.22

失点関与の栗原勇蔵「反省しなければいけない」/中国戦

栗原勇蔵
中国戦で34分に同点ゴールを挙げた栗原(中央右) [写真]=Getty Images

 日本代表が21日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の初戦で中国代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 森重真人、山口螢、青山敏弘、高萩洋次郎、工藤壮人柿谷曜一朗の6選手がA代表デビューの布陣となった日本は、PKで先制を許したものの、栗原勇蔵、柿谷、工藤のゴールで3-1と試合をひっくり返す。しかしその後リズムを崩し、終盤に2点を失って引き分けた。

 試合後、栗原は以下のようにコメントしている。

「失点に関してはチームというより、俺個人の問題でやられている。そこは完全に反省しなければいけないし、勝てた試合が引き分けになってしまった。そう言っていてもしょうがないので、次に切り替えてまたやるしかないですね」

―審判の判定になじめなかった?
「よくファウル取られたけど、試合の中で審判の癖を見抜かなきゃいけないし、わかっていたんだけど、それでも取られるのは、まだまだ自分の未熟さがあるなと思います」

―PKの時は駒野友一が抜かれ、クリアが短くなって、相手に突破されたとミスが3つ続く形だったが?
「1対1で俺が抑えていれば全然問題なかった。あそこでフェイントというか、開始早々で足が全く動かなくて、それでやられて。俺個人のせいだし、ああいうので簡単にやられると、どうしようもないわけだから、反省しなければいけない」

―入りの悪さの原因は?
「うーん…。いややっぱり個人のせいで、どういう環境であっても、いい入りをしなければいけないし、そこで入れなかった自分のせいだから。深く反省しています」

―3失点目は、治療で出ていてすぐのプレーだったが?
「あれも自分が付ききれれば、何でもなかった。いいボールが来て、高いボールじゃなかったから、自分がポジショニングも悪かったけど、そこも日本の課題だし、自分の課題でもあるから、そこはまた反省しなければいけないです」

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る