2013.07.21

日本ドロー発進にセルジオ越後氏「ノルマがないとこうなる。この試合で“当確”はゼロ」/中国戦

日本代表
中国戦に先発した日本代表メンバー [写真]=Getty Images

 日本代表が21日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の初戦で中国代表と対戦し、3─3で引き分けた。

 森重真人、山口螢、青山敏弘、高萩洋次郎、工藤壮人柿谷曜一朗の6選手がA代表デビューの布陣となった日本は、PKで先制を許したものの、栗原勇蔵、柿谷、工藤のゴールで3─1と試合をひっくり返す。しかしその後リズムを崩し、終盤に2点を失って引き分けた。

 サッカーキングの取材に対し、解説者のセルジオ越後氏は次のように語った。

「寄せ集めるとこうなるという試合だったね。まるでチャリティマッチのような緊張感のない、バタバタした展開だった。中国は決してレベルの高い相手じゃなかったけど、リードして選手交代している間にやられてしまった。この試合で“当確”はゼロだね」

「ただ、選手個々について云々言う気になれないのは、この大会にはノルマがないことだ。どんな試合結果、内容になろうと、『選手を試している段階だから』というエクスキューズがついてしまう。そういう状態だと、こういうよく分からない試合になるよね。何もないんだから、言いようがないよ。次の試合も似たような感じになるんじゃないかな」

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る