2013.07.21

日本が2点差追いつかれ東アジア杯ドロー発進…柿谷が1G1Aの活躍

柿谷曜一朗
A代表初出場で得点を挙げた柿谷 [写真]=Getty Images

 日本代表は21日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の初戦で中国代表と対戦した。

 日本は、森重真人、山口螢、青山敏弘、高萩洋次郎、工藤壮人柿谷曜一朗の6選手がA代表デビューの布陣となった。序盤から押し込まれると、開始5分には栗原勇蔵がペナルティエリア内でファウルを犯してPKを献上。ワン・ヨンポにシュートを沈められ、先制点を奪われた。

 日本は開始早々にビハインドを負ったが、徐々にリズムを掴み出す。19分にはカウンターから右サイドの工藤がクロスを上げると、ゴール前に走り込んだ原口元気が右足でダイレクトボレーシュートを放つ。原口のシュートは相手GKの好セーブに防がれたが、主導権を握り始めた。

 34分には、高萩の左CKから相手DFがクリアミスし、ゴール前に上がったボールを工藤が頭で折り返す。最後は工藤からのボールを栗原がヘディングで叩き込み、同点ゴールを挙げた。

 日本は試合を振り出しに戻すと、前半終了間際の42分にユ・ターパオにGKと一対一のチャンスを作られたが、GK西川周作の好セーブでピンチを凌ぎ、前半を1-1で折り返した。前半と同じメンバーで臨んだ後半もボールを保持すると、59分には左サイドから槙野智章が上げたクロスに対して、ゴール前に走り込んだ柿谷がヘディングで得点。61分にはカウンターから柿谷のラストパスをペナルティエリア内で受けた工藤が右足でゴールを挙げて、一気に中国を突き放した。

 2点のリードを得ると、66分にワン・ヨンポにミドルシュートを打たれたが、西川が好セーブ。直後に青山に代えて高橋秀人を投入。72分には原口に代えて、齋藤学をピッチに送り出した。74分にはカウンターから高萩がミドルシュートを放ったが、GKにキャッチされて追加点とはならなかった。すると、81分には駒野友一のファウルで再びPKを与えると、またもワン・ヨンポに決められて、1点差に詰め寄られた。

 終盤に中国の猛攻に遭った日本は、87分に同点ゴールを許すと、直後に柿谷に代えて大迫勇也を投入。しかし、勝ち越し点は奪えずにタイムアップを迎え、3-3と引き分けてドロースタートとなった。

 日本は25日にオーストラリア代表、28日に韓国代表と対戦する。

【2013年7月21日(日)21:00 東アジアカップ2013】
日本 3-3 中国

●得点
05分 ワン・ヨンポ/PK(中国)
34分 栗原勇蔵(日本)
59分 柿谷曜一朗(日本)
61分 工藤壮人(日本)
81分 ワン・ヨンポ/PK(中国)
87分 スン・ケー(中国)

<日本代表>
GK:西川周作
DF:駒野友一栗原勇蔵森重真人槙野智章
MF:山口螢、青山敏弘(66分→高橋秀人
  工藤壮人、高萩洋次郎、原口元気(72分→齋藤学
FW:柿谷曜一朗(88分→大迫勇也
監督:ザッケローニ

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る