2013.07.21

東アジア杯に臨むMF高橋秀人「内なる闘志を秘めてプレーしたい」

 サッカー日本代表は、21日に東アジアカップの初戦で中国代表と対戦する。

 試合前日の20日にFC東京のMF高橋秀人が、以下のように大会への意気込みを語った。

―合宿をどう過ごしていますか?
「モリゲ(森重真人)が部屋に来て、一緒に漫画を読んだりしています。時間があるので。モリゲは楽しそうですよ」

―メンバーもずいぶん変わって、このチームでの新たな刺激、こういうメンバーとやるなかで感じることは?
「改めて、国内組の能力の高さ、海外組とそん色ないなという感じて、動けるし、テクニックもあるし。もちろんJリーグのハイライトを見たり、対戦相手として嫌だなと思ったプレーはあるけど、いざ同じピッチでやってみると、もっと凄いなと感じますね」

―コンフェデレーションズカップまで終わって、これまでとは違う思いがあるのでは?
「本当にラストチャンスの中のラストチャンスという言い方になってしまうんですけど、今まで1年足らずを知っている分、そういう目で見られるだろし、むしろ、ここで結果を出せなかったら、今まで何をしていたのと思われてしまうので、意気込みは人一倍と言えますけど、それはみんな、思いを背負ってきているから、一概に人よりも大きいですとは言えないですけど、でも、内なる闘志を秘めてプレーしたいと思います」

―やはり初選出組の意気込みは、ひしひしと感じる?
「やっぱりみんなアピールしようと思っているし、そのなかで監督の戦術とか、代表でのやり方を真剣に学ぼうとする姿勢はミーティングとか練習中の声のかけ方とかでも、僕が初選出されたときは緊張して何も話せなかったけど、みんな積極的にコミュニケーションを取っているし、その辺は日本を代表する選手だなと思うので、その辺は立派だなと見ていますけど」

―1年やってきたから、やり方に対するアドバンテージはすごくあると思うけど?
「それをアドバンテージと取るのか、むしろ知っているから何もできなかったら終わりと取るか、アドバンテージのようでアドバンテージではないこともある。逆に知らない分、のびのびとやっていい結果を出せる選手もいるかもしれないですし。でも、そこはポジティブに考えてやるしかないので、のびのびやりたいなと思います」

―3試合あって出るチャンスがあったときに、初めてのメンバーが多いなかで、どういうふうにオーガナイズする?
「やっぱり集まって2日間しかやっていないし、たぶん明日出るメンバーでもやっていないから、絶対にうまくいかないこととか、スルスルとマークの受け渡しができなかったり、ボールが繋がらなくて安定しない中で、どう自分がバランスを取ってチームを保つのかは大事になってくると思うので、シレッと駆け引きとかチームの重心の置き方を見定めてやりたいと思います」

―最後、違和感があった?
「いや、何もなかったんですけど、監督だかスタッフだかにゲームの前に、駒ちゃん(駒野友一)とヒデはランニングなと言われて。詳しいことはスタッフに聞いて下さい」

 日本は21日に中国代表、25日にオーストラリア代表、28日に韓国代表と対戦する。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る