2013.07.21

日本代表の工藤壮人「ハードワークして結果がついてくれば」

 サッカー日本代表は、21日に東アジアカップの初戦で中国代表と対戦する。

 試合前日の20日に柏レイソルのFW工藤壮人が、以下のように大会への意気込みを語った。

―監督と何を話していたか?
「自分が右のワイドに出た時に守備のところで疑問点があったので、自分から聞きに行きました」

―具体的には?
「自分が対面しているサイドバックの選手が自分を超えて高い位置を取った時のサイドバックの選手とのコミュニケーションの取り方であったり、どこまでついていくのかとかそういう話でした」

―後ろが途中まで駒野(友一)君だったけれど、いなくなってしまって確かめきれないところもあった?
「今日の初めのフォーメーション練習の時もちょくちょく話しながらやって、そんなに問題なく。ただ、駒さんの方が今まで沢山呼ばれてきて十分わかっているので、逆に自分からどんどん聞いてわからない時は話してる感じですね」

―攻撃面で監督はワイドに張ってから中に入ることを求めているが?
「そうですね。全部が全部100の力でやっていると体力が持たないので、試合の90分の中で抜きどころは自分の中で考えながら、全部が全部、監督の言う通りにやっていたら、自分のよさは出てこないと思うので、監督の要求していることをしっかり理解して動きつつも、自分のよさをどう出していくかが重要になってくると思います」

―今回招集された2列目の選手は足元でボールをもらってから勝負するタイプが多いが、逆に工藤選手はボールを貰う前に勝負するタイプで、そのことは意識しているか?
「他の2列目の選手とは違った特徴を持っているかなと自分でも思っているし、だからこそ出し手とのコミュニケーションが非常に大事になってくる。1人で打開する選手以上に、もっとコミュニケーションを取って理解を深めていきたい」

―招集される前とされた後で代表戦の見方は変わった?
「そこまで大きく変わっていない。元々、どの試合でも自分が出たらどうするというのは考えながら見ている。ただ、自分が代表のなかに入って、コンセプトを理解してやるなかでは、こういう時にこういう動きをするんだなと。岡崎(慎司)選手なら、この間のコンフェデレーションズカップの試合を見ながら考えていた部分はある。少しはコンセプトを理解しながら見るようになった」

―代表のなかでは岡崎選手にタイプが近いと思うが、自然と目がいく?
「プレーしていくなかで意識はしていかないといけないと思っている。ただ、彼以上に何かを残さないといけないという気持ちがある。チームのためにハードワークして、それで結果がついてくればいい」

 日本は21日に中国代表、25日にオーストラリア代表、28日に韓国代表と対戦する。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る