2013.07.21

東アジア杯初戦に臨む日本代表の山口蛍「運動量を見せていければ」

 サッカー日本代表は、21日に東アジアカップの初戦で中国代表と対戦する。

 試合前日の20日にセレッソ大阪のMF山口蛍が、以下のように大会への意気込みを語った。

―昨日今日の練習と同じ構成でやって、中盤の3人の関係は?
「関係というか、決められた決まりごとを守りながら意識しつつやりましたけど」

―高萩(洋次郎)君と青山(敏弘)君は同じチームでやっているが?
「彼らを生かしながらというか、2人は同じチームでやっているので、そんなに声をかけ合わなくても分かると思いますけど、ただ出て行った時に僕が後ろからうまくサポートできればいいかなと思っています」

―ゲームを見る限りだとビルドアップに苦労しているように見えたが、明日に向けての中盤の課題は?
「特にそんなに考えていないですけど、試合になれば考えなくちゃいけないことがたくさんあるので、自分の運動量とかという部分はまず出して、その中でより自分のいい部分をより出していくことも大事だと思いますし、決まりごとがあるので、まずそれに慣れて、それを試合でいかに出せるかをやっていくことが大事だと思います」

―決まりごとは難しい?
「いや、難しくはないですけど、チームでやっていることとは全然違うので、そういう意味ではすごく考えながらやらなくちゃいけないなというのはありますけど」

―今日のビブスを着ていたメンバーが出るとしたら、柿谷(曜一朗)君もいてやりやすい部分もあると思うが?
「セレッソでは僕はもっと攻撃的にというか、前に行けるんですけど、ここではそういう感じではなくて、バランスを見ることが大事なので、なかなかやる機会がないと思うので、うまいこと曜一朗君にボールを当てられればいいと思いますけど」

―代表のボランチはいままずっと同じ選手がやっているが、バックアップも必要だと思うが、今後の定着に向けては?
「来年に向けてとかは今の時点では考えていないですし、周りを見てもすごくうまい選手ばかりですし、自分も全然下の方でやっている意識がありますし、来年のことというのは全然考えていないですし、とりあえず今しっかりとこの大会で優勝してチームに帰ってチームのためにしっかりやるということなので、先のことは何も考えてないです」

―運動量が豊富で、攻撃に顔を出すのが持ち味だが?
「そうですね。自分の持ち味ではあると思いますけど、そんなにガンガン攻撃に行けるわけでもないので、この代表がボランチにバランスを求めているというのがあると思うので、そこからうまいことやりながらやりたいと思いますし、僕は後ろで、守備でボールを取るというふうになると、もう1人のボランチが自然に前に上がっていく形になると思うので、なかなか行く機会はないかもしれないですけど、機を見てタイミングがあれば狙っていきたいと思います」

―Jリーグでは前でやっていて得点もたくさん取っているが、そのプラス効果もあるのでは?
「Jで取っている時はボランチでやって点を取っているわけではないので、特に何かできるというわけでもないですけど、前に出ていく動きは出せるとは思いますけど」

―明日の試合について?
「そんなに緊張せず、とりあえず自分の運動量を見せていければいいかなと思いますけど」

―久しぶりの国際試合だが?
「いや、そんなに高ぶっているものはないですけど、とりあえず頑張らないといけないなとは思います」

 日本は21日に中国代表、25日にオーストラリア代表、28日に韓国代表と対戦する。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る