2013.07.21

東アジア杯初戦に臨む柿谷曜一朗「国を背負う気持ちは久しぶり」

 サッカー日本代表は、21日に東アジアカップの初戦で中国代表と対戦する。

 試合前日の20日にセレッソ大阪のFW柿谷曜一朗が、以下のように大会への意気込みを語った。

「一番前で出るのでゴールに絡むプレーは増やしていけたらいいと思います」

―練習で高萩(洋次郎)君からパスをもらっていい場面もあったが?
「スルーパスを出すタイミングやったり、強さというのはホンマに最高のボールが来るので、動き出し次第では得点チャンスは増えると思うので、数多く来たらいいなと思います」

―真ん中の3人との関係については?
「サイドに張ってそこからカットインとか、あんまりコンビネーションというよりは、しっかりボールを繋いで最後のところで勝負するというのがコンセプトなので、それをするためにまずボールに関わっている人がしっかり失わないというのが大事かなと思います」

―ポゼッション練習を重視していたのもそういう意図か?
「そうですね」

―ゲームをやってみてどうだった?
「僕もそうですけど、まだみんな絶対固いと思うし、初めての選手が多いので、その中で固い固いと言っていても明日はもう試合なので、思い切って全員でやれればいいと思います」

―代表はU-17、20以来になる?
「そうですね。ホンマに国を背負うという気持ちは久しぶりなので、チームを背負うという意味で戦った以上の責任があると思う。ただプレッシャーに負けず、自分らしく一生懸命やれればいいかなと思います」

―どんなプレーをすれば得点に近づけるイメージ?
「イメージというのはあまり描いてないんですけど、試合で場面場面で考えていければいいかなと思います」

―韓国はゲンがいい?
「いや、よくないです。予選敗退しているし」

―U-17の時は?
「でもいい印象は、僕はないので、印象であったり前のことは気にせず、初代表で初めてなので、ホンマに初めてのことが多いので、試合になったらいつも通りやるだけだと思います」

―相手のビデオは?
「見ました。技術もしっかりして体も強い選手が多いので、まず当たり負けをしないということを自分の中で思いましたけど」

―中国戦だと相手がガツガツくる傾向が強いか?
「そうですね。なんやろ。プレーしている上で故意のファウルとそうじゃないファウルの見分けはつくし、ただプレーすることには変わりないので、僕らは日本人というか、常に冷静に、やられた時はやり返すくらいの気持ちは全員持っていると思うし、それは僕も同じだし、プレーで返すというよりは局面局面で勝てるようにしたいです」

―守備面で相手を限定したりとか仕事があるが?
「それはセレッソと一緒なんでね。やりやすいというか、普段やっているようにとりあえずやってみてという感じですね」

 日本は21日に中国代表、25日にオーストラリア代表、28日に韓国代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
36pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る