FOLLOW US

日本代表DF森重真人「1人でも多く海外組に割って入れるように」

 サッカー日本代表は、21日に東アジアカップの初戦で中国代表と対戦する。

 19日には開催国の韓国国内で練習を実施。練習後、FC東京のDF森重真人は以下のようにコメントした。

「そんなに難しいことは言っていないと思うので、守備に関しては上げられる時は上げて、相手が蹴れる時は準備してということなので、そんなに混乱はないですし、東京でやっているようなフォーメーションだったりするので、似たような感じかなと思いますけどね。今のところは」

―組織力は日本の特徴だが、センターバックとして個の強さを期待されて選ばれたと思うが?
「組織で守れている時は、前半とか60分くらいまでは組織で守れますし、それ以降の時間帯だったり、一瞬のスキというのは個人のところで差が出てくるとは思うので、自分はそこで戦わないといけないと思っていますし、そこで結果を出さないといけないと思っています」

―初戦は中国だが?
「いつも通りやっていければいいですし、普段からやっていることというのはここにきても変わらないので、しっかり出すことが大事かなと」

―ACLを経験して手ごたえは?
「チームとしてはすごいいい戦いができましたし、その中でもやっぱり負けたところは個人の差が出ましたし、よりレベルが高いところへいくほど個人の差が出るのかなと思っているので、そこは日頃から意識してやっていますけど」

―現状の代表は海外組中心だが、Jリーグ勢が持っている強さをどう見せる?
「やっぱり1人でも多くここから海外組の中に割って入れるようにしないといけないですし、自分もその1人ですし、そこはみんな強い意識を持ってきていると思うので、メンバーに残るということだけではなくて、メンバーに入るんだという強い意思を持って選ばれたからにはやらないといけないと思います」

 東アジアカップは20日に韓国で開幕。日本は21日に中国、25日にオーストラリア、28日に韓国と対戦する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA