FOLLOW US

代表初招集の柿谷曜一朗「ザック監督の色に自分を染めていく」

好調を維持するC大阪の柿谷曜一朗 [写真]=Getty Images

 東アジアカップに臨む日本代表メンバーが、15日に発表された。初招集となったセレッソ大阪に所属するFW柿谷曜一朗は、『サムライサッカーキング』最新号のインタビューの中で、代表チームに対する自身の考えを語っている。

 柿谷は代表発表を控えた時点でのインタビューで、「日本代表でプレーするとしたら、どういう意識を持ってプレーしたいか?」と問われた際、「まずはチームの色に自分を染めることですね。それだけじゃないですか。僕が感じるのは、『自分の色を出している選手はあんまりいないな』ということです」とコメント。続けて、「だからこそ、彼らは代表に入っているんだろうなって僕は思っています。だから、例えばですけど、(原口)元気とかみたいに、自分の色をブワーって塗りつぶすように出す選手は、(アルベルト・ザッケローニ)監督はたぶん好きじゃないんやろなって、ちょっと思ったりします」と語った。

一方で、「僕もそうやし」と認めた上で、「キレイな色の上に、汚い色をブワーって塗りつぶすようなイメージが好きです」と発言。「でも、選ばれて自分が日本代表としてやっていく上で必要なことは、まず、ザッケローニ監督の色に自分を染めていくってことだと思いますね。もちろん自分の良いところは練習から見てもらわないといけないので、ちゃんとアピールもしたいと思いますけど、まずは戦術を理解したり、どういうプレーが褒められて、どういうプレーが怒られるんかっていうのを、すぐに感じないとダメやと思いますね」と自身の考えを述べていた。

 柿谷は今季のJ1で16試合に出場して、得点ランク4位タイの10ゴールを記録。なお、柿谷のインタビュー全文は発売中の『サムライサッカーキング8月号』に掲載されている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO