2013.07.04

コンフェデ3連敗の日本、FIFAランクで5ランクダウンの37位…アジアトップは維持

コンフェデ杯を終え、20日開幕の東アジア選手権に出場する日本代表 [写真]=足立雅史

 FIFA(国際サッカー連盟)は4日、最新のFIFAランキングを発表した。

 6月15日から行われていたコンフェデレーションズカップで、3連敗を喫した日本は、前回から5ランクダウンの37位となったが、アジアトップを維持。コンフェデレーションズカップ3連覇を達成したブラジルは前回の22位から13ランク上昇し、9位となった。

 日本は、20日に韓国で開幕する東アジア選手権に出場する。初戦(21日)の中国は100位、2戦目(25日)のオーストラリアは40位、3戦目(28日)の韓国は43位にランクされた。

 上位陣では、1位がスペイン、2位にドイツに変動はなかったが、3位にはアルゼンチンを抜き、4ランクアップのコロンビアが浮上した。アフリカ勢では、前回と変わらず13位のコートジボワールが、前回同様に地区トップに立っている。

 アルベルト・ザッケローニ監督就任後における日本の順位の推移は、以下のとおり。(2010年8月31日に就任会見。初陣は同年10月のアルゼンチン戦)

2010年8月 32位
2010年9月 30位
2010年10月 30位
2010年11月 30位
2010年12月 29位
2011年1月 29位
2011年2月 17位
2011年3月 15位
2011年4月 13位
2011年5月 14位
2011年6月 13位
2011年7月 14位
2011年8月 15位
2011年9月 15位
2011年10月 17位
2011年11月 19位
2011年12月 19位
2012年1月 19位
2012年2月 30位
2012年3月 33位
2012年4月 30位
2012年5月 30位
2012年6月 23位
2012年7月 20位
2012年8月 22位
2012年9月 23位
2012年10月 23位
2012年11月 24位
2012年12月 22位
2013年1月 21位
2013年2月 28位
2013年3月 26位
2013年4月 29位
2013年5月 30位
2013年6月 32位
2013年7月 37位

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
81pt
横浜FC
76pt
大宮
74pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
62pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング