2013.06.28

コンフェデ杯を振り返った川島「悔しい気持ちでいっぱい。ただ、埋められない差でもない」

川島永嗣
コンタクトのトークイベントに出席した川島永嗣。コンフェデ杯で自分の現在地が“見えた”と話した [写真]=瀬藤尚美

 28日、日本代表のGK川島永嗣が都内で行われたコンタクトレンズ『アキュビュー』のイベントに出席。「サッカーにおける視力の重要性」をテーマにトークイベントを行った。

 川島は「高校2年生のとき、クロスボールやロングボールをキャッチしづらいと感じるようになり、コーチに相談したことをきっかけに、コンタクトレンズを使い始めました」と、コンタクトとの出会いについて説明。「それまでずっと、ぼやけて見えていたので、『相手ゴールのネットがくっきり見える』ことに驚きました。実際にコンタクトレンズを使うようになって、改めて『見える』ことの大切さに気づきました」と語った。

 3戦全敗に終わったコンフェデレーションズカップについては、「結果だけ見れば、非常に残念な結果だったと思いますし、自分たち自身、悔しい気持ちでいっぱいです」とコメント。「世界と差があるという見方もできますが、自分たちが戦った中での、感触や感覚という部分で考えた時には、今まで自分たちが感じていた差、大きな差、埋められない差でもないと思います。自分たち自身が今のクオリティを、より詰めていければ、もっと世界と渡り合えるという感触を得ることができました。結果自体は残念だったとは思いますけど、残された時間の中でやれることは、まだまだあると思います」と話した。

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る