2013.06.23

コンフェデ3連敗で最下位の日本、1年後のW杯への収穫と課題は

全ての課題が出し尽くされた2013年のコンフェデ杯。本番となる来年のW杯に向けて、残り1年でどこまで修正できるか [写真]=Getty Images

 勝てる試合を落としたわけではない。勝つ可能性は確かにあった。しかし、結果は順当だったと言わざるを得ない。

 日本代表はともに勝ち点0だったメキシコ代表との最終戦を1-2で落としたことで、1勝もできないまま、コンフェデレーションズカップから姿を消した。3戦全敗で4得点9失点と、世界の強豪国を相手に厳しい現実を突きつけられた格好となる中、アルベルト・ザッケローニ監督が大会を振り返った。

 初戦のブラジル戦については、「アプローチを誤った。試合開始から少し控えめになった。素晴らしいチームとのアウェーゲームでは我々はそのようなことになることがある。最初の失点で、結局あまり良いゲームはできなかった」と語り、母国イタリアとの対戦となった2戦目を「非常にハイレベルな試合で、コンディションも整っている時はあのようなプレーもできると示した」と振り返った。最終戦となったメキシコ戦に関しても「アプローチは良かったと思う。集中してプレーへの意思もかなり強く表れていたと思う。しかし、選手に疲れが出ていたと思う。イタリア戦からの疲れがまだ残っていたので、十分に回復できていなかった」と敗因を分析した。

 実際に、言葉通りだろう。日本は世界の強豪国に対して太刀打ちできないレベルでは、もはやない。ただ、ザッケローニ監督の大会総括は、日本が強豪国と肩を並べていないことも証明する結果となった。

 揚げ足を取るわけではないが、強豪国に勝利やあるいは競り合うためには、コンディションが整った状態で、開始早々にビハインドを追わなかった場合等という、いくつかの条件がつくことになる。

 一方で、対戦した3カ国は違った。

 彼らは、開始早々に得点して一気に畳み掛けるか、序盤で劣勢に立たされながらも何とか挽回しながら白星をつかんできた。

 3カ国の指揮官が、日本戦後に語ったコメントが印象深い。

 ブラジルのルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、「中盤の2選手がマークされていてパスを出しにくい状況だったので、少しリスクを取って何が起こり得るのか見極めることできた」と、リスクを冒す意味を語った。

 イタリアのチェザーレ・プランデッリ監督も、「非常に暑く、より多くの休養が必要で体力回復のための時間が十分ではない」と、コンディション面での悪条件を挙げながらも、「日本の方がよくプレッシングをしたが、我々は精神力で戦い、最後まで諦めなかった」と勝因を論じた。同じく、メキシコのホセ・マヌエル・デ・ラ・トーレ監督も「序盤、試合を支配することは難しかった。しかし、後半に入り、よりボールをキープすることができて、ゴールに繋げることができた」と、日本の攻勢を跳ね返しながら勝利をつかんだことを誇った。

 日本はいくつかの条件をクリアした際に、勝利への道筋が開けてくるが、対戦した3カ国は自ら道を切り開くか、悪条件が重なりながらも白星をつかみ取る逞しさを持ち合わせていた。ザッケローニ監督は大会を振り返って「国際経験の不足」を課題に挙げたが、所謂地力の差が顕著に表れた形ともなっている。

 また、メキシコ戦では主将の長谷部誠が出場停止で不在となったが、66分に2失点目を喫した際、ほぼ全選手が俯き、下を向いていたことが気になった。辛うじて、途中出場していた吉田麻也が声をかけていたようだが、香川真司が試合後に語った「勝ちたい気持ちがメキシコの方が強かったのかなと」という言葉を象徴するようなシーンにも見えた。1人の選手が不在となった場合に、チームへ多大な影響を及ぼすことは当然ながら好ましくない。

 ザッケローニ監督は、「コンフェデレーションズカップを経験することで、改良点を全て確認したかったが、それができた」と話したが、日本が強豪国を下すには、現状ではいくらかの運が必要になってくることは避けられない。「ワールドカップを来年に控えて、世界との強豪とのギャップを埋めていくことができるのではないかと思う」という彼我の差を埋めるべく自信も示したが、イタリア戦やメキシコ戦の序盤で質の高い内容を見せながらも結果的に3戦全敗に終わったことが、かえってハードルの高さを際立たせている。

 フランス・ワールドカップ以来の国際大会3戦全敗となった今大会だが、「世界の強豪とのギャップ」に関して、個人の力やチーム力など様々な課題が露わになったことを考えれば、現時点での収穫を挙げるべきではないかもしれない。ただ、幸か不幸か、今大会は公式戦ではあるもののワールドカップという本番ではない。全ての課題が出し尽くされ、目指すべきところを明確に定めて1年後の飛躍を実現させることで、収穫にすべきである。

文●小谷紘友

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る