2013.06.23

本田圭佑「試合を決定づけるプレーが少ない」

本田圭佑
本田圭佑は、改めて個人のレベルアップの重要性を説いた [写真]=ムツ カワモリ

 コンフェデレーションズカップのグループリーグ、グループAの第3節が22日に行われ、日本代表とメキシコ代表が対戦。メキシコが2-1で勝利し、日本は3連敗で大会から姿を消した。

 メキシコ戦後、本田圭佑は次のように試合を振り返っている。

「チームとしてはいろいろ挑戦し、ブラジル戦とは違う挑戦をやって、実際、前半は惜しいシーンもありました。コンパクトにやっている時、日本はすごいいいけど、間延びした時に選手間のスペースができて、ずっと言っている個の差がどうしても出てしまう。組織で戦えるのは十分証明してきたと思うけど、やっぱり最後の局面とか、試合を決定づけるプレーというのは少ない。元気な時、コンパクトに戦えている時はいいけど、間延びしてきて相手の戻りが遅くなった時、こっちが3、4人で攻撃的できていないのが現状ですね」

「今回は、ディフェンスの個という部分をクローズアップすべきだと思っています。どうしてもラインが下がってしまうし、相手が詰まった時に放り込んできて、それが前線で収まると、僕らが前から仕掛けている分、間延びするし、そこを潰せない。逆に、苦し紛れのボールをうちが入れた時には、ほとんど潰されてしまう。それを逆にキープしなければいけないのかもしれないし、それは感じます」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る