2013.06.23

川島永嗣「わずかな寄せ、詰めで試合の状況は変わってくる」

川島永嗣
川島永嗣はPKの局面でイタリア戦の反省を生かしたと明かした [写真]=Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループリーグ、グループAの第3節が22日に行われ、日本代表とメキシコ代表が対戦。メキシコが2-1で勝利し、日本は3連敗で大会から姿を消した。

 メキシコ戦後、川島永嗣は次のように試合を振り返っている。

「守備の場面で世界が相手の時に、自分たちがどれだけプレッシャーにいけるか、もう少しボールに対して寄せていかなければいけない。わずかな寄せだったり、詰めで、まったく状況は変わってくると思うので、そういうところをもっとチームとしても、個人としてもやっていければいいかなと思います」

「後ろから見ていて、何点取られても、1点を取ってくれという気持ちでやっていました。(岡崎慎司が)1点を返した後でPKを決められていたら、流れは完全にメキシコになって、追いつけないという気持ちになっただろうし。そういう意味では、PKを止めることができて良かったと思います。同点ゴールが入っていれば、完璧でしたけど……。イタリア戦では、少し早く動いてしまったので、今日は最後まで我慢しようと思っていました」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
46pt
C大阪
44pt
横浜FM
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る