2013.06.23

遠藤保仁「1年後に必ず大きな仕事ができるように」/メキシコ戦

遠藤保仁
遠藤保仁(左)がメキシコ戦とコンフェデ杯を振り返った [写真]=Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループリーグ、グループAの第3節が22日に行われ、日本代表とメキシコ代表が対戦。日本は1-2で敗れ、3連敗で大会を終えることとなった。

 試合後、遠藤保仁は以下のようにコメントしている。

―今日の試合を振り返って
「みんなで最後の試合を勝ちにいこうという強い気持ちで臨みましたけど、結果負けてしまったので、非常に残念ですけど、最後まで諦めない姿勢は出せたんじゃないかなと思います」

―特にイタリア戦を含めて、収穫もあった大きな大会だったのでは?
「そうですね。良い面も悪い面もいっぱい出たので、このゲームを忘れずに、どんどん次につなげていけたら良いかなと思っています」

―ワールドカップまであと1年。チームにとって、また1つになるきっかけとなった大会になった?
「ワールドカップの予選から、これだけ長い間、一緒に練習や試合をしてきた中で、収穫の多い期間だったと思うので、残り1年切りましたけど、やらなきゃいけないこともたくさんあると思いますし、個人個人もさらに今回味わったことをつなげて、1年後に必ず大きな仕事ができるようにしていければ良いかなと思います」

―このブラジルの地で、サポーターも含めてこの空気を感じることができたのは、来年にとってプラス要素になるのか?
「もちろん、ワールドカップ開催国で、これだけ長い間、生活ができましたし、試合もできましたし、ブラジルでやる試合の雰囲気にも、自分たちはこの3試合でだいぶ慣れたとは思うので、それは来年につなげていければ良いんじゃないかなと思います」

―日本は早朝だが、多くのファンが声援を送った
「結果は本当に、自分たちの力不足で残念なものになりましたけど、たくさんの方に応援していただいてうれしく思いますし、自分たちがさらに成長した姿を見せられるように、最大限の努力をして、これから先、勝ちきるゲームをお見せできたら良いかなと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る