2013.06.23

香川真司「3連敗が今の現実。受け止めなければいけない」/メキシコ戦

香川真司
メキシコ戦後、香川真司が大会を振り返った [写真]=Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループリーグ、グループAの第3節が22日に行われ、日本代表とメキシコ代表が対戦。日本は1-2で敗れ、3連敗で大会を終えることとなった。

 試合後、香川真司は以下のようにコメントしている。

―今日の試合を振り返って
「そうですね…。やっぱり、次がない中でのゲームでしたけど、負けたので、チームとしての弱さというか、こんなに応援してくれたファンに申し訳ないですし、『僕たちのサッカーを最後にやろう』と言っていた中で、それができなかったので残念です」

―国際試合での3試合。得るものも大きかったのでは?
「そうですね。やっぱり、ブラジル、イタリア、メキシコはすごく良いチームでしたし、3連敗が今の現実で、それを受け止めてやらなければいけないのかなと思います」

―ワールドカップまであと1年。この時間をどのように使うか?
「この3連敗を深く受け止めて、やらなければいけないし、もう1年しかないので、本当に、もっと1人1人が成長していかないと厳しいのかなと思います」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る