2013.06.22

メキシコ戦で求められるのは勝利…イタリア戦での手応えを実りのあるものに

香川真司
「気持ちを整えて戦いたい」とメキシコ戦への意気込みを語った香川真司 [写真]=Getty Images

 厳しい言い方をすれば、2連敗でのグループリーグ敗退である。選手が最も感じているはずだが、結果だけを見れば誰も納得できないものとなった。

 ただ、現実としては未勝利であるが、第2戦のイタリア代表との試合は、内容面で相当に良かったこともまた事実である。22日に同じく勝ち点0のメキシコ代表との最終戦を迎えるにあたり、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、「イタリア戦では非常に良いプレーができた。できればメキシコには勝ちたいと思う」と勝利を見据えた。

 準決勝進出への道は閉ざされたが、今大会で浮かび上がった課題を乗り越える意味で、メキシコ戦の意義は小さくない。

 イタリア戦では終始主導権を握ったが、最終的には3-4で敗れている。2点を先行しながらも勝てなかった事実とともに、ブラジルとの開幕戦を含め、7失点を喫してしまった点にも目を向ける必要はある。

 GKの川島永嗣は、イタリア戦での手応えを感じるとともに、守備での課題を口にしている。

「リスクを負うべきでないところは負わないと、はっきりさせないといけない。チームの目指しているところは間違いないけれど、自分たちが結果を求めていくときは、重要な時間帯や重要なゾーンで自分たちがどれだけやれるのかというところは、もう一度意識を変えていく必要がある」

 イタリア戦で敗れながらもマン・オブ・ザ・マッチに輝いた香川真司も、「一人ひとりのメンタル、イタリア戦の前も同じだったけど、メンタルの状況が良ければ必ずいいサッカーができる。しっかり気持ちを整えてやりたい」と語るとともに、意気込みを語る。

「イタリア戦のように、プレスにいくところはいって、前からいけるのであればチームとしてプレッシャーをかけ、攻撃的に攻めていきたい。イタリア戦では2-0にしてから負けているので、その繰り返しにならないように。3点、4点取るチャンスがあるなら取りたい。明日も攻撃的にチャレンジしたい」

 攻守ともに課題が挙げられる中、対戦相手にも不足はない。

 メキシコは、今大会では連敗してしまったが、イタリア戦、ブラジル戦と決して内容面では悪くはない。ワールドカップでは過去5大会連続でベスト16に入り、昨夏のロンドン・オリンピックで優勝を果たしたメンバーが9選手含まれるなど実績、実力ともに申し分ない。

 ザッケローニ監督も、「一対一でもプレッシャーがかかった時でも、良いプレーをする。そして、諦めない。非常にコンパクトでスペースを使い、勝つことに対してのメンタリティも良いものを持っている」と警戒を強める。ロンドンで対戦した清武弘嗣も、「すごくつないでくるチームだと思いますし、結構隙がない」と語り、「すごく魅力があり、強いチームだったと思う」と振り返った。

 開幕戦でブラジル相手に惨敗した際、多くの選手がチャレンジしなかったことを悔いた。だからこそ、ワールドカップまで残り1年を切った今、1試合も無駄にできないという気持ちは大きいはずである。

 香川は言う。

「次に進む望みはないけど、気持ちはしっかり持って戦う。難しいのはわかっているけど、次につなげるために大事な試合だと思う」

 ブラジル戦で失いかけてイタリア戦で取り戻した自信を、メキシコとの最終戦でさらに膨らませて欲しい。

写真●小谷紘友

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る