2013.06.20

長友佑都「W杯に向けて目指す方向性は見えてきた」/イタリア戦

長友佑都
マルキジオ(左)と競り合う長友(右) [写真]=Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループリーグ、グループAの第2節が19日に行われ、イタリア代表と日本代表が対戦。イタリアが4-3で勝利し、グループAでは1試合を残してブラジルとイタリアのグループ突破が決まった。

 試合後、長友佑都は以下のように試合を振り返っている。

「内容的にもイタリアより上回っていますし、僕らがワールドカップに向けて目指す方向性っていう意味では見えてきたかなと。こういう戦い方をすれば、強豪相手でもいいと思うんですけどね。でも結局負けているんで。やっぱり勝ち癖っていう意味で、強豪のイタリアは内容が悪くても勝つサッカーをする。そこがまだ足りないのかなと思いますね。最終的な精度の問題だと思いますけど」

―左サイドでのせめぎ合いは?
「もちろん狙っていましたし、監督からも左から崩して右に展開するように言われていたんで、僕と(香川)真司に(本田)圭佑が入ったり、うまく崩せていたかなと思いますけど。中の選手が強かったんで、簡単に出るところと中に入って圭佑たちとのコンビネーションを使うっていうのはある程度できたんじゃないかなと思いますけど」

―イタリアに自分の存在をアピールしたかった?
「自分自身もそうですけど、日本チームとしてこれだけできるんだと。日本代表は強い、成長したってところを見せたかった。そういった意味では試合終わった後、1人1人の選手と握手した時に『本当に素晴らしいチームだ』『本当に強かった』と1人1人言ってくれたんで、それは素直に嬉しかったですけど、ただやっぱり結局は負けているんでね。課題はまだあるかなとは思います」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る