2013.06.20

内田篤人「耐え切れずに失点するとイタリアは負けない」/イタリア戦

内田篤人
イタリアの2点目となるオウンゴールを献上してしまった内田(中央) [写真]=Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループリーグ、グループAの第2節が19日に行われ、イタリア代表と日本代表が対戦。イタリアが4-3で勝利し、グループAでは1試合を残してブラジルとイタリアのグループ突破が決まった。

 試合後、内田篤人は以下のように試合を振り返っている。

「立ち上がりはチームとしてもよかったと思います。パスをつないで点も取れていたんで。自分たちの時間の時に耐え切れずに失点しちゃうとイタリアは負けないですね」

―2点目を取った後は?
「3点目を取りに行こうっていう意識は出ていたんで、悪くはなかったですけど、課題のセットプレーから取られたんで」

―セットプレーの失点だけど今までとは内容が違う?
「映像見てないんでブロックされているのか、何にやられちゃっているのか分からないですけど、残り何分?4分か。ブラジル戦も残り3分のところでやられちゃっているんで。気をつけなきゃいけないって分かっているんですけどね。向こうも点の取り方というか、取れる時間帯っていうのは知っていると思いますけど」

―後半の頭に一気に失点したが?
「監督はハーフタイムに後半の10分で試合決まるって言っていたんで、分かってはいたんですけど、向こうもそれを分かっていたのかなと思います」

―試合開始からアグレッシブに守備に行ったが?
「そうですね。ミーティングとか昨日の練習とかではできるだけ前からプレッシャーをかけようと。追い方とかの練習をしていたんで、うまくはまってくれたかなと。ブラジルほどつなげる技術とか1対1でガンガンかわしてくる選手がいなかったんで助かりましたし、(アンドレア)ピルロにボールが集まるんで、そこ経由っていう意味では彼のところが1つのポイントだったかなと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る