2013.06.20

チーム2点目を挙げた香川真司「決定力で差を感じる」/イタリア戦

香川真司
試合を振り返った香川真司 [写真]=足立雅史

 コンフェデレーションズカップのグループリーグ、グループAの第2節が19日に行われ、イタリア代表と日本代表が対戦。イタリアが4-3で勝利し、グループAでは1試合を残してブラジルとイタリアのグループ突破が決まった。

 試合後、チーム2点目を決めた香川真司は以下のように試合を振り返っている。

―日本が内容は相当よかったが勝ちにつながらなかった理由は?
「そうですね。やっぱり2-0の段階で3-0、4-0のチャンスは作れていたし、その場で取らなきゃいけなかった。後半の立ち上がりにああいう形で失点してしまって、しかも早々に失点してしまったんで、すごくチームとして痛かった。それでもすごく難しい中で追いついて、組織的にやれば取れると思ったけど、やっぱり決定力というか、後半もチャンスがあったし、決めきれなかったのが悔やまれますし、逆にイタリアは後半数少ないチャンスを全部決めてきたんで、その差は感じます」

―非常に落ち着いて決めたゴールだったが?
「うまく反転できて、シュートもオフサイドポジションを確認しながらいい流れで落ち着いて決められたと思いますし、冷静にシュートできたと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る