2013.06.20

ブラジルとイタリアが連勝で準決勝進出…日本は敗退/コンフェデ杯

ブラジル代表とイタリア代表のグループリーグ突破が決定 [写真]=Getty Images

 ブラジルで開催されているコンフェデレーションズカップのグループA第2節が19日に行われた。

 レシフェのアレナ・ペルナンブコで行われたイタリア代表と日本代表の一戦は、立ち上がりから日本がペースを掴み攻勢をかけると、20分に得たPKのチャンスを本田圭佑が沈めて日本が先制。33分には香川真司が追加点を挙げ、2点のリードを得た日本だったが、前半のうちに1点を返されると、後半に入って50分と52分にオウンゴールとPKで立て続けに失点し、イタリアに逆転を許す。

 反撃した日本は69分に岡崎慎司がFKのクロスボールを頭で合わせて同点としたが、終了間際の86分にセバスティアン・ジョヴィンコに決勝点を奪われ、4-3でイタリアが勝利した。

 フォルタレザのエスタジオ・カステロで行われたグループAのもう1試合、ブラジル代表とメキシコ代表の試合は、9分にダニエウ・アウヴェスの右クロスをDFがクリアしきれず、ファーサイドに流れたところをネイマールが、ダイレクトに左足で合わせて先制。その後メキシコにチャンスを作られるが、堅い守備でしのぐと後半アディショナルタイムにDF2人をドリブルでかわしたネイマールのクロスをジョーが詰めて、ブラジルが追加点を挙げ、2-0で勝利した。

 この結果、グループAでは1試合を残して、2連勝したブラジルとイタリアの準決勝進出が決定。2連敗の日本とメキシコは姿を消すこととなった。22日に行われるグループリーグ最終節で日本はメキシコ、イタリアはブラジルと対戦する。

■グループA順位表
◎1位 ブラジル(勝ち点6)
◎2位 イタリア(勝ち点6)
 3位 メキシコ(勝ち点0)
 4位 日本(勝ち点0)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る