2013.06.20

イタリア戦でMOMの香川真司「決定力で大きな差があった」

香川真司
香川は33分に日本代表の2得点目を記録 [写真]=Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループリーグ、グループAの第2節が19日に行われ、イタリア代表と日本代表が対戦。イタリアが4-3で勝利し、グループAでは1試合を残してブラジルとイタリアのグループ突破が決まった。

 マン・オブ・ザ・マッチに選出された日本代表MF香川真司は、会見で以下のように試合を振り返った。

―内容が勝ちに繋がらなかった要因は?
「2-0の段階で前半3-0、4-0とできるチャンスは作れていたし、そこで取らなければいけなかった。また、後半立ち上がりにああいう形で失点してしまって。しかも、早々にくだらないミスで失点してしまったのは、すごくチームとして精神的に痛かった。その中でもよく盛り返してセットプレーから追いついた。最終的には相手にまた得点されたという決定力に関しても、後半もチャンスはあったし、僕自身も決めきれなかったというのはすごく大きな差だった。イタリアは後半数少ないチャンスを全部決めてきた。そういう差は本当に感じます」

―得点を振り返ってもらえるか?
「上手く反転できて、シュートも抑えることをイメージしていたので、いい流れで得点できたと思う。あの場面で冷静にシュートできた」

 グループAの第3節は22日に開催。イタリアはブラジルと、日本はメキシコと対戦する。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る