2013.06.20

香川真司「勝ちきれないと何も得られない」/イタリア戦

香川真司
バロテッリ(右)とボールを奪い合う香川(左) [写真]=Getty Images 

 コンフェデレーションズカップのグループリーグ、グループAの第2節が19日に行われ、イタリア代表と日本代表が対戦。イタリアが4-3で勝利し、グループAでは1試合を残してブラジルとイタリアのグループ突破が決まった。

 試合後、チーム2点目を決めた香川真司は以下のようにコメントしている。

―今の心境は?
「悔しいです」

―一時はリードしたが?
「3点目を取りに行きましたし、そこで取れなかった自分たちの責任だと思います」

―自分たちのサッカーはできた?
「勝たなければいけないですし、こういうリーグであったり、世界のレベルの中で勝ちきれないと何も得られないと思っているので、そういう意味ではもったいないし、残念で悔しいです」

―世界トップとの差は?
「勝ちきれないと何も得られない、ただそれだけだし、いくら内容的にシュート数であったりが上回っても、何も残らないと思っているので、それはすごく大きい差だと思います」

―次戦に向けては?
「試合は続くので、切り替えなければいけないので、しっかり今日で切り替えて、頑張りたいと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る