2013.06.16

遠藤「前後半早い時間帯に取られた2点は大きかった」/ブラジル戦

遠藤保仁
パウリーニョ(左)と競り合う遠藤(右) [写真]=Getty Images

 ブラジルで開催されるコンフェデレーションズカップが15日に開幕し、グループAではブラジル代表と日本代表が対戦。開始3分のネイマールのゴールなどで、ブラジルが3-0で勝利した。

 試合後、日本代表MF遠藤保仁は以下のように試合を振り返っている。

―この結果はきつい?
「そうですね。前半は我慢しながらやって、失点せずに行こうと思っていたんで、立ち上がりに失点してしまったのは非常に残念かなと思います」

「我慢強くやるところはしっかりやりながら、どこかで点を取りにいかなきゃいけないので、ある程度、リスクを追いながらっていうのは考えていました」

「どちらも前後半早い時間帯に取られたんで、あの2点はかなり大きかったかなと思います」

「前半はまだ時間がありましたし、後半も時間はありましたけど、2点目は非常に大きかったかなと思います。諦める選手は誰もいなかったと思いますけど、こういうアウェーの中でやる試合では、極力失点は減らしていかないといけないのかなと思いました」

―チャレンジするのができなかった?
「前半は取る位置も低かったですしね。早く前に(ボールを)つけられれば一番良かったと思いますけど、やっぱり前も若干孤立していたところがあったと思いますし、全体的にもうちょっと回すところは回しながらっていう風にやっていけば、なんとかバイタルでいい形も作れたと思うので、型にはまるっていうか、練習でやっていることを試すのはもちろんいいことですし、それができない時にしっかりとボールキープしながら相手をゆさぶるようなこともしていかないといけないのかなと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る