2013.06.16

内田篤人「1対1では負けちゃいけないと思った」/ブラジル戦

内田篤人
ネイマール(右)とのマッチアップとなった内田(左) [写真]=足立雅史

 ブラジルで開催されるコンフェデレーションズカップが15日に開幕し、グループAではブラジル代表と日本代表が対戦。開始3分のネイマールのゴールなどで、ブラジルが3-0で勝利した。

 試合後、日本代表DF内田篤人は以下のように試合を振り返っている。

―この結果については?
「妥当かな。もう少し取られてもおかしくないような。前半は特に自分たちのミスが多かったんで、監督も言っていましたけど、いつまでウォーミングアップしてるんだみたいなことを言われましたけど」

―相手のプレッシャーがきつくてパスが半分も通らなかった?
「相手が来ていたっていうより、相手を感じるのが強かったというか」

―ネイマールにやらせなかった時間帯もあった?
「彼がエースっていうのは分かっていましたし、1対1っていう部分ではやっぱり負けちゃいけないと思ったし、ドイツでも1対1は自分の中で意識していますし、彼をしっかり抑えられれば他の国とやっても大丈夫かなと」

―その1対1を抑えるために意識していたこと?
「飛び込まないことと、逆取ってからがうまいんで、先を読むこと。あとはボランチとセンターバックの位置をちょっと確認しながら中に入るとかは自分の中で判断してやっていました」

―個人的にはまあまあ?
「ホントにネイマールと1対1ばっかりだったんで、やられないようにはしていました」

―嫌がっていた?
「嫌がってくれていればいいですけど、ネイマールに聞いて、あいつ大したことないって言われるかもしれないし」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る