2013.06.16

日本、ブラジルの前に3失点完敗…ネイマールが鮮やかボレー弾

ネイマール
3分、フレッジの落としからネイマールが決めてブラジルが先制 [写真]=Getty Images

 ブラジルで開催されるコンフェデレーションズカップが15日に開幕し、グループAではブラジル代表と日本代表が対戦した。

 ブラジル・ワールドカップを1年後に控え、開催国ブラジルとの貴重な試合となった日本だったが、開始早々の3分に出鼻をくじかれる。ブラジルは、マルセロが左サイドからアーリークロスを上げると、ペナルティエリアやや外の中央にいたフレッジが胸でボールを落とす。すると、ネイマールがダイレクトボレーを放ち、豪快にゴール右上へ決めて先制する。

 失点した日本は、直後の5分に本田圭佑が長い距離のFKを直接狙うも、GKが弾く。9分にも、カウンターで香川真司から右に展開すると清武弘嗣のクロスに走り込んだ本田が合わせたが、大きく枠の上を越えてしまった。試合はブラジルが優位に進める中、19分にも本田のミドルシュートが枠をとらえたがGKにセーブされると、21分にはフッキに右サイドを突破され、チャンスを作られるも、クロスボールがDFに当たり、コースが変わったボールはGK川島永嗣が防いだ。

 前半の中盤以降は、ブラジルが落ち着いて試合を展開。機を見てサイドから攻撃を仕掛けると、41分にはフッキが右サイドからカットインし、ミドルシュートを打ったが、ゴール右上へわずかに外れた。43分にも日本のミスからボールを奪うとネイマールからの左クロスを中央のフレッジがうまくトラップしてコースを作り、右足で打つも、GK川島が弾き、日本は事なきを得た。前半はブラジルの1点リードで折り返す。

 後半に入り、日本はまたしても立ち上がりに失点してしまう。48分に右サイドからダニエウ・アウベスが低いクロスを送るとパウリーニョがワントラップから反転して、右足を振り抜かれ、GK川島の反応も及ばずネットを揺らされてしまう。その後もブラジルが支配し、日本はボールを持った際も押し上げができなくなる。72分に日本は、FKの流れから後半途中から投入された前田遼一がシュートを打つが、GKの正面を突いてしまう。

 試合のペースは徐々に低下していき、ブラジルはパスを回して時間を消化。試合終了間際にはオスカルのスルーパスに抜けた途中出場のジョーが、GK川島との1対1を冷静に制してシュートを決めてダメを押した。ブラジルが3-0で完封勝利を収め、大会を白星スタートで飾った。

 グループA開幕節のもう1試合、メキシコとイタリアの対戦は16日に行われる。また、次節は19日に行われ、日本はイタリアと、ブラジルはメキシコと対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る