2013.06.12

イラク戦の視聴率は19.2%…最終予選8試合の平均は29.9%

イラク戦で先発出場した日本代表のメンバー [写真]=兼子愼一郎

 12日、ビデオリサーチは11日に行われたブラジル・ワールドカップ出場権をかけたアジア最終予選のイラク代表対日本代表戦のテレビ視聴率が19.2パーセントと発表した。

 イラク戦は、日本時間の23時30分に試合開始。既に日本がワールドカップ出場を決めていたこともあり、今最終予選の8試合では最も低い視聴率となった。なお、試合はFW岡崎慎司の得点で、日本が1-0と勝利している。

 今最終予選8試合での最高視聴率は、4日に行われて日本がワールドカップ出場を決めたオーストラリア代表戦の38.6 パーセント。8試合の平均視聴率は、29.9パーセントとなった。(数字はいずれも関東地区)

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る