2013.06.06

ザック監督「強豪国と五分で戦い勝負ができることを見せつける」

会見に出席したザッケローニ監督 [写真]=足立雅史

 日本サッカー協会は5日、日本代表の強化スケジュール発表会見を埼玉県内で実施。日本サッカー協会の大仁邦弥会長、原博実技術委員長、日本代表のアルベルト・ザッケローニ会長、キリンビールの磯崎功典社長が出席した。

 ザッケローニ監督は、ワールドカップ出場を決めた4日のオースラリア代表戦直後に、「これからは世界を驚かすために仕事をしていきたい」とコメント。会見で、「ワールドカップで具体的な成績をイメージしているのか」と問われ、以下のように説明した。

「私自身、ヨーロッパから来た人間だが、ヨーロッパ人のメンタリティは自分達のサッカーにすごい自信を持っている。それが時に驕りに繋がっているのではないかと思う。もちろん、元々の文化がありサッカーが強い地域だから、一度ポジションを築いたまま世界は変わらないと思っている。私自身はそうは思っておらず、物事は変わっていくと思っている。ヨーロッパから見ると、アジアはサッカー後進国という意識がはびこっている。しかし、私は全くそう思っておらず、アジアのサッカーは近年成長しているし、日本も選手達が海外に出て活躍し、良い内容を見せながら成長を続けている。多くの良いチーム、良い選手がいるということが、アジアの現状だと思う。しかし、残念ながらヨーロッパの目はそこまで来ていないのでないかと思う。そういった意味で、大きな舞台に行って『我々も同じところにいる』と見せることが、世界を驚かすことに繋がると思う」

「もちろん、結果を出すことが良いわけだが、言っている意味としては、世界の強豪と戦ったときに内容的に五分で戦えて勝負ができるということを見せつけることが、正に驚かせることではないかと思う」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る