2013.06.05

長友佑都「次のW杯で俺は全てをやったという気持ちで終わりたい」

長友佑都
オーストラリア戦でフル出場した長友 [写真]=足立雅史

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グルー プ Bで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 試合から一夜明け、埼玉県内で記者会見を行い、日本サッカー協会の大仁邦彌会長、原博実技術委員長とともにアルベルト・ザッケローニ監督と選手26人が出席した。

 会見後の取材で、DF長友佑都は以下のようにコメントした。

「次のワールドカップが終わった時、俺は全てをやったと、100パーセントやりきったと、そういう気持ちで終わりたいというのが一番強いので」

―4年前の経験からそう思う?
「4年前の経験ですね。正直、今だから言えますけど、ベスト4という目標を掲げていたじゃないですか。ただ僕の中でもちろんそこに行きたいという気持ちは強かったんだけど、結局、グループリーグを突破した時に自分の中で安心感と言うか、達成感というものが出てきたというのが、正直な心境だったんですけど。これはなかなか僕も口に出しては言えなかったんで。それを持って決勝トーナメントの試合に、そのメンタルで戦えるわけがないと」

「自分のパフォーマンスを、そのメンタルで100パーセント出せるわけがないというのを僕自身が、すごい感じて、だからこそ次は本当に、僕はトップを目指すと。本当に強い信念を持ってやると。そのために日々、100パーセントやれることをやると。そういうことです」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る