2013.06.05

W杯出場決定から一夜明け、日本代表は改めて世界を目指す

W杯出場権を確保し、今後は更なるレベルアップを期待される日本代表 [写真]=足立雅史

 本田圭佑(CSKAモスクワ)の劇的なPK同点弾でオーストラリアに1-1で引き分け、2014年ブラジルワールドカップ切符を獲得した日本代表。歓喜の夜から一夜明けた5日午前、ザッケローニ監督とメンバー26人が埼玉県内で本大会出場決定記者会見に臨んだ。

 普段の会見は堅苦しい雰囲気が漂うが、この日は吉田麻也(サウサンプトン)がサバンナ八木のネタで滑りながら今の心境を語るなど、非常にリラックスしたムードだった。

 その中で報道陣の注目を浴びたのが本田と長友佑都(インテル)だった。本田は主力選手1人の課題をストレートに挙げながら「この1年間でいかにみんなが個を高められるかだと思う」と語気を強めた。一方の長友も「岡田ジャパンのときは心の底から喜べた。祝福ムードの中では場違いかもしれないが、今回はうれしい気持ちよりも今後の戦いへの危機感の方が強かった」と本音を吐露。改めて世界を目指す強い気持ちを口にした。多くの選手たちが自分たちを客観視する様子はこれまでの代表とは違う。それだけ意識レベルが上がった証拠といえる。

 明日からは駒野友一(磐田)、工藤壮人(柏)、東慶悟(FC東京)を除いた23人でイラク戦の行われるドーハとコンフェデレーションズカップの開かれるブラジルへ旅立つ。今のチームが世界の強豪とどこまで戦えるかを試す重要なチャンスを最大限生かしたいものだ。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る